フジドリームエアラインズの気になる評判は?

mp900408954-300x200フジドリームエアラインズで旅行に行こうと思っている方は特に気になるフジドリームエアラインズの評判ですが、基本的にこの航空会社はLCCではありません。運賃体系、サービス面のどちらをとっても、LCCよりはJALやANAに近いものがあります。そういう意味では、運賃以外の面で特別に悪い評判はあまり聞きません。

機体に関しては、エンブラエル社のERJ170とERJ175という2種類の機体が使用されています。これはボーイングやエアバスといった大手の航空機メーカーの機体ではありませんが、乗り心地は決してボーイングやエアバスの機体に劣りません。座席の前後間隔はJALやANAの普通席と同じレベルですし、座席の幅に関してはむしろ若干広めです。レザーシートも柔らかく、座り心地はこれまたJALやANAの普通席を上回ると言えるでしょう。座席は中央の通路を挟んで2席と2席の配置になっており、小さい機体ではありますが比較的ゆったりと作られています。

サービス内容についても、確かにそもそも国内線の場合はあまりサービスと言えるようなものも少ないのですが、例えば飲み物の種類も充実しています。さらに、チョコレートや早朝便ではクロワッサンまで配られます。今ではJALやANAでは飲み物だけのサービスになってしまいましたから、これも大手を上回ると言えるでしょう。

路線網ですが、フジとは富士山からきており、もともとは静岡空港を拠点としていたのですが、今では名古屋空港が拠点といっていいほどに名古屋路線が増えています。名古屋から北は青森や花巻、山形などに、西は福岡や熊本などに就航しています。その一方で、東京羽田や大阪伊丹、大阪関西には一切就航していません。また、それなりに集客力があると思われる沖縄那覇にも一切路線を就航させていません。

05phbk18運賃面ではフジドリームエアラインズは大手とほぼ同じレベルか、若干程度安いレベルと言えます。なお、JALやANAにあるマイレージサービスはありません。規模が決して大きくはありませんので、単独でマイレージサービスを運営しても十分なメリットを顧客に還元することはできないと考えてのものかもしれませんし、マイレージサービスを省略することでその分だけ安く充実したサービスを提供できると考えてのことかもしれません。

ただし、JALとの共同運航便はありますので、JAL便名で搭乗した場合はJALのマイレージは積算できます。しかし、JALのマイレージを貯めてもフジドリームエアラインズの飛行機には乗れませんので十分に注意をしましょう。

フジドリームエアラインズを予約して計画的な旅行をしましょう。